乾燥肌は保湿性の高い化粧水でケアしましょう

  • 肌悩みに合わせて選ぶ乾燥肌用の化粧水

    • スキンケアアイテムには、化粧水や美容液、乳液やクリームなどありますが、水分が一番多い化粧水が水分を肌に届ける役割があるわけではなく、水溶性の美容成分を届けることが役割です。同じ水溶性の成分でも高濃度で部分的に水分を届けたい場合には美容液の方がおすすめです。

      化粧水を選ぶときには肌の状態を見極め顔全体の角質層に届けたい成分が何かを考えて選んでいきます。

      肌の水分を保つ役割は角質にあるセラミドなどが80%あり天然保湿成分が18%、皮脂が2%程度を担っています。
      クレンジングや洗顔をすると多少洗い流されてしまい、肌は約24時間かけて回復します。
      ところが回復前には保湿能力が低下した状態で、肌自らの水分保持力を低下している間に乾燥から肌を守る必要があります。間違ったスキンケアなどによって角質層にダメージがある場合や加齢でセラミドや天然保湿因子が減少している場合には、角質層を健やかにする成分がある成分を取り入れることがおすすめです。


      乾燥肌は角質層にあるバリア機能が低下していて紫外線の影響を受けやすくなっています。

      化粧水の乾燥肌の専門技術を身につけましょう。

      乾燥している場所ほどシミやそばかすができやすく美白成分の入った化粧水でシミやそばかすを予防するとともエイジングケアとしておすすめです。

      YOMIURI ONLINEの情報探しはこのサイトから初めてください。

      ただし、美白成分には刺激が強い物があるため選ぶときには慎重さが必要です。


      乾燥肌の場合にはビタミンC誘導体など刺激が強めな美白成分ではなく、肌に優しく美肌効果と保湿効果があるプラセンタがおすすめです。乾燥肌の場合にはバリア機能が低下していて、肌が自らを守るためにターンオーバーを早めて角質層を厚くしようとする過角化を起こします。
      毛穴が詰まりやすくなるため乾燥肌の人は毛穴の開きにも悩む人も多いです。



      その場合には角質を整える成分が配合されている化粧水がおすすめです。

top