乾燥肌は保湿性の高い化粧水でケアしましょう

  • 乾燥肌を改善する化粧水

    • 乾燥肌とは、セラミド・NMF・皮脂が不足した状態の肌のことです。

      特に、セラミドは肌の保湿の八割を担っているため、セラミドを補うことができれば、乾燥は改善します。

      そのため、セラミドが配合された化粧水を使うのは、非常に効果があります。また、セラミドだけでなく、ヒアルロン酸やコラーゲンなど、保湿効果のある美容成分が配合されていると、より高い効果が得られるでしょう。


      しかし、保湿を高める成分が入っているからという理由で、化粧水を選ぶのは禁物です。

      化粧水の乾燥肌の情報を公開しているサイトです。

      乾燥肌は非常に敏感なため、刺激となる成分が入っていると、より感想を促してしまいます。アルコールや鉱物油、香料、パラベンなどの成分は、肌に刺激が強いため、配合されているときは避けたほうが無難でしょう。
      美白成分として知られるビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの成分も、肌に刺激を与える可能性があるので、乾燥肌に使うのは禁物です。
      美白成分が配合された化粧水が良いなら、アルブチンやプラセンタが配合されたものにすると良いでしょう。
      乾燥肌を改善するための化粧水のつけ方としては、洗顔後すぐにつけるのが大切です。

      話題のOKWaveについて正しい知識を持つこと重要です。

      洗顔後から時間が経過して浸けると、浸透力が弱まってしまいます。



      たくさんつければ保水力が高まるわけではないので、適量をハンドブレスしながらつけるのが正解です。
      叩いたり、こすったりせず、優しくいたわりながらつけましょう。

      化粧水を塗った後は、乳液やクリームで蓋をして、水分を逃がさないようにします。

top