乾燥肌は保湿性の高い化粧水でケアしましょう

  • 乾燥肌向け化粧水に含まれる「セラミド」の効果

    • 保湿有効成分として多くの化粧水に含まれている「セラミド」は、人の皮膚にもともと存在してうるおいを保つ成分。

      知って得する化粧水の乾燥肌の情報を利用しない手はないです。

      人の肌にあるセラミドは、主にセラミド1〜5の5つで、特に肌のバリア機能を保つセラミド1、保湿効果が高く肌に最も多く含まれているセラミド2、シワを目立たなくさせるセラミド3が重要だとされています。化粧水に含まれるセラミドは加齢と共に減少し不足しやすくなるセラミド2、3が中心です。

      Girls Channelの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

      そして、化粧水に配合されるセラミドは馬などの動物から抽出した「天然セラミド」、酵母を利用して生成される「ヒト型セラミド」、米ぬか油などから抽出される「植物性セラミド」、石油原料から合成される「合成セラミド」の4種類があり、それぞれ特徴があります。
      高い保湿効果が期待できる順に並べると、「ヒト型セラミド」「天然セラミド」「植物性セラミド」「合成セラミド」になり、乾燥肌におすすめなのは「ヒト型セラミド」。



      皮膚にもともと存在するセラミドとほぼ同等の化学構造をしているため、肌なじみが良いだけでなく、乾燥肌やアトピー肌、重度の敏感肌の人も安心して使うことができるというメリットがあります。以前は、ヒト型セラミドは水に溶けないことから化粧品へは不向きと言われていましたが、最近の科学技術の進歩で肌への浸透率の良い「ナノ化」が可能になり、化粧水などの化粧品へ配合されることが増えてきています。
      乾燥肌対策としては押さえておきたい成分の1つです。

top